神様の頭に作ったら、いつも希望と感謝


心が乱れる時があります。

例えば、ある人から、ずーっと愚痴を聞かされた時。
愚痴のつもりはないのかもしれない。
ずーっと問題を語られた時。

この御言葉が頭をよぎります。

<落胆、自暴自棄、不安、焦り、恐怖、心が乱れること>も「正常な精神」ではない。
祈って神様と主と一体になれば、平安だ。
(2018年2月7日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

問題が、問題ではないのでは?と思います。
自分の考えが問題ではないだろうか?と。

今は、希望と感謝。
ひたすら喜ぶ時だと思います(^O^☆♪

神様と聖霊様と御子の頭に作ることが本当に大きいことだ
(2018年2月18日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/8097
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆