<考え>を「嬉しい方、希望の方」にする


先週自分で書いた、このブログについて、1週間ずっと考えていました。

神様の頭に作ったら、いつも希望と感謝

なぜなら、Lunaは、最近、あまり、問題を問題と考えないから。
問題点に着目して頭を悩ませるというよりは、問題点はあったとしても、前を向いて、毎日、希望と喜びに溢れているのです。
一方、問題だらけで困っている人達もたくさんいます。
ひょっとして、Lunaが呑気なのだろうか?とヒヤっとして、このことについて、1週間、真剣に考えました。

すると、今日の明け方の御言葉に、答えとなるところを見つけました。

<問題点>だけを見たら、不平不満だ。

(中略)

<いい点>だけを探して見たら、幸せになる。

<長所>は80%くらいだ。<短所>は20%くらいに過ぎない。それなのに短所を見て諦める。

<問題点>だけを見ないで、客観的に見て、全体と左右を全部よく見なさい。

<いい点と悪い点>、二つを客観的に見ることができなければならない。そうしてこそ、見る視野が広がる。

(2018年2月26日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

これは、信仰生活にもちろん該当する話しですが、それ以外のことにも言えることだと思います。

問題点は、必ず解決しなければならないでしょう。
でも、それに縛られていたら、解決の糸口は、一生見つからないような気がするのです。

<嬉しい方、希望の方>を考えて、神様の御言葉を中心にして、各自に該当する、すべきことをする。
そうしたら、実際に、Lunaは、いつも、心が天国です。


主を中心にし、自分が<考え>を「嬉しい方、希望の方」にしなければなりません。
(中略)
<主>について行けば毎日「福」です。

(2018年2月25日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉
「すべきことをしておいて享受してこそ、本物の喜びと栄光だ」)

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆