コップ3袋を頼んだら10袋持ってきたCAの話しー人は時に耳が聞こえない


今週、Lunaが機内でイラっとしてしまった、悔い改めるべき話し。

新人ちゃんに、

「コップを4袋持ってきていただけますか??もし持てなかったら、3袋でもいいです。」

とお願いしたら、普通、みなさん、何袋持ってきますか?

4袋か3袋だと思います。
5袋か2袋だったら、許容範囲かもしれません。

彼女は、10袋持ってきた・・・!!

新人ちゃんだから、しょうがないのですが、新人ちゃんの中でも、かなりの仕事の不出来具合だったため、ついに

「どうして、言われたことも、できないのかな」

と言ってしまいそうになったのですが、その心の声を必死でこらえて、とりあえず、サービスに集中しました。

少し経って、

それにしても、どうして、言われたことも、できないのか・・・
気をきかせて多く持ってきたのだろうか。
気をきかせるにしても、4袋か3袋にしていただきたい。

とモヤモヤしながら溜息をつくLunaに、聖霊様が一言おっしゃった気がします。

「聞いていないからだ。聞こえていないからだ。」

人は、あることに集中していると、どんな大きな音も、聞こえないといいます。
例えば、電車の中で、スマートフォンに集中していたら、車掌さんが、車両に轟く声でアナウンスを入れていたとしても、
降りる駅を聞き逃して、乗り過ごすでしょう。
そのように、「聞こえない」ことが、自分の不都合を被ったり、CAにちょっと迷惑をかけたり、する程度はいいですが、
時には、大きな事故につながることもあります。

御言葉もそうだ、と思いました。

確かに、身体は教会に来ていて、御言葉を耳にはしているのだけれど、聞いていない、聞こえていない時があるのではないだろうか、と。

聞く耳を持ち、言わんとしていることを、正確に把握すること。
職場でも、信仰生活でも、とてつもなく、大切です。

今週の主日の<本文>が、ちょうど、これでした。

そこでイエスが言われた、「ああ、愚かで心のにぶいため、預言者たちが説いたすべての事を信じられない者たちよ。
キリストは必ず、これらの苦難を受けて、その栄光に入るはずではなかったのか」。
こう言って、モーセや全ての預言者からはじめて、聖書全体にわたり、ご自身についてしるしてある事どもを、説きあかされた。
(新約聖書 ルカによる福音書24章25~27節)

つまり、預言者たちが説いたすべての事を聞く耳を持てず、言わんとしていることを正確にわからなかった、ということですよね。

時に応じて働かれる神様です。

耳があるのに悟れない者にならないよう気を引き締められます。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/8186
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆