摂理に再乗車~A hopeful journey~


最近、Lunaの涙腺をうるわせたサイト。

摂理に再乗車~A hopeful journey~ キリスト教福音宣教会

上記HPより↓↓↓

はじめまして。
『摂理に再乗車~A hopeful journey~』にご訪問いただき、ありがとうございます。
このウェブサイトでは、摂理を離れた後、再び戻ってきた方々の生の声をご紹介しています。
摂理を途中下車した人たちの理由はさまざまです。
同様に、摂理に再乗車した人たちもまた、一人一人に深い経緯があります。
紆余曲折を経て、再び神様の真理の御言葉に人生の道しるべを見つけた方々の確信に満ちた言葉を、楽な気持ちで、読んでいただければ幸いです。

なぜ「再乗車」なのか?
人生はよく「旅」にたとえられることがあります。
人生の終着駅である「天国」に向かって進む摂理での人生を、途中途中の景色や駅を楽しみながら進む「電車の旅」に重ねて、表現しました。

<再乗車を自ら選択した方たちの生の声>と、<それを通して感じた、再乗車を許してくださる神様の愛の大きさ>に心打たれました。

摂理をどう評価するかは、各自に委ねられています。
私達が、「ここが本当~にいい!」とどんなに叫び伝えても、そう感じない人には、一生伝わらないと思います。笑
それは、摂理に限らず、宗教に限らず、全てのことが、そのようにそうだ。

だから、何が真実であるか。
それは、最終的に、みなさんご自身が判断していただければいいです。

でも、Lunaが悲しいのは、少なくともLunaが見た真実が、世の中に伝わっていないこと。
少なくともLunaが見ていないことが、真実であるかのように、世の中に出回っていくこと。

摂理を途中下車し、二度と再乗車しない方もいらっしゃいます。
その方が話す言葉を信じていただいても、構いません。

また、初めから、乗車すらしない方もいらっしゃいます。
その方が話す言葉を信じていただいても、もちろん構いません。

でも、一つだけ言わせてほしい。

再乗車した人の話しも、
乗車したまま一度も下車したことのないLunaのような人の話しも、

聞いてほしいな。

今も、中にいる人の声も、是非、聞いてみてください。

それでも、摂理がオカルト宗教だと思うならば、Lunaはもう何も言いません(^^)

信仰は自由だ。
言論も自由だ。
そして、選択は自由だ。

自由ゆえ、選択した先には、責任が伴います。

最善の選択ができますように。

もちろん、Luna自身もね☆

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/8335
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆