気分を害しても反応がなくても、とにかく愛する


反応する人が少ないなあーと感じることがよくあります。

どんなコミュニティにおいても、反応があるのは、10分の1くらいかな(>_<)

聖書にある、10人のライ病人の話しを思い出します。

イエスはエルサレムへ行かれるとき、サマリヤとガリラヤとの間を通られた。 そして、ある村にはいられると、十人のらい病人に出会われたが、彼らは遠くの方で立ちとどまり、 声を張りあげて、「イエスさま、わたしたちをあわれんでください」と言った。 イエスは彼らをごらんになって、「祭司たちのところに行って、からだを見せなさい」と言われた。そして、行く途中で彼らはきよめられた。 そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神をほめたたえながら帰ってきて、 イエスの足もとにひれ伏して感謝した。これはサマリヤ人であった。 イエスは彼にむかって言われた、「きよめられたのは、十人ではなかったか。ほかの九人は、どこにいるのか。

(ルカによる福音書17:11-17)

反応していない側は、全く悪気もなく、特別な意図もなく、ただ反応していないだけに過ぎないのかもしれませんが、アクションを起こした側としては、反応がないと、いろいろ気になります。

時には傷つきもします。

主も、そのように、心情を害されることが多いのでしょう。

それでも無条件愛するのが、主の愛。

とにかく愛さなければなりません。

愛で育てなければなりません。

あれこれ考えたらきりがありません。

(2018年9月15日 摂理の御言葉)

とにかく愛する。

無条件の愛。

そのような愛で人々に接したいですし、そのような天の愛に見合う反応を天にはもちろん、人々にも示す人になりたいです。

明日は、幸せな主日礼拝。

反応をたくさんしよう!!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆