個性の愛の勝利だ


出る杭は打たれたり、空気を読む必要があったり、人と一緒の道を歩むのが良しとされがちな日本では、個性が活かされない傾向にある気がします。

自分の個性について考える機会も少ないですね。

個性がわからないから、自分の価値もわからず、人と比べたり、周りの目を気にしたり、日本人に多い気がします。

昨日の御言葉、心に響きました。

人のことを妬む必要がない。

人のセンターをもらったら、もらった人にとって毒薬になる。

それぞれ自分の愛を受ければいい。

自分の愛を受けても、一生受けきれないくらいの愛だ。

(2018年10月10日 水曜礼拝「個性の愛の勝利だ」)

小さな妬み嫉妬は、うつ病、自殺、そして時には殺人にも発展するものでしょう。

神様がくださる自分への愛をしっかり受けられたら、現代社会の問題は全て解決されると思います。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/8719
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆