瞬間の時を逃すなー行こう、時になった


今日は教会で芸術祭でした♪
(芸術で神様に栄光を捧げます♪)

青年部(社会人)女性有志で、賛美で栄光を帰すことになったのですが、Lunaは、昨日土曜日もフライトで、昨夜というか、今日1:00amに帰宅しましたよ(ーー;)

しかも、フライトを終えたら、韓国語でならばLunaも覚えていた歌詞を、やっぱり日本語で歌うという話しに。

昨日みんなと一緒に準備できなかったのに加えて、主日にも参加できるのか謎なほどの疲労困憊( ゚д゚)

もちろん当時朝の練習にも行けず、参加辞退を考えました(>_<)

しかし、

「瞬間の時を逃すな!」

と聖霊様がおっしゃっている感じがして、なんとか衣装を持って、聖殿に向かいます。

優しいメンバーから、朝、こんなメッセージも♡

直前の変更もありすみません!
ほとんどの人があまり練習に参加できてない状況ですが、
今と、礼拝後も1時間あるはずなので、つめて練習して、総力と愛でやってみましょう〜

そうか。まだ時間あるか。諦めずに最後までだ!

と、聖殿に向かう電車の中で、初めて日本語歌詞を開き、覚え始めますヽ(´o`;

間に合うのか私、、、

結果☆

なんと、牧会者と副牧会者が、私達が歌っている前でイケイケのダンスも捧げるようになり(笑)、素晴らしい舞台になりました♪♪

参加できて本当に良かったです(*≧∀≦*)

ちなみに、かなり完成度の高いダンスを披露してくださったのですが、ご多忙なお2人のダンスも、たった30分の練習でできあがったそうですよΣ(゚д゚lll)

「瞬間の時を逃すな」

その御言葉の通りに、主と、みんなと一緒にやったら、できる!!ということをこの上なく実感した芸術祭になりました。

捧げた曲はこちら♪

行こう、時になった!

歌詞のとおり、今は、瞬間の時を逃してはいけません☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆