相談と愚痴の境目ー和睦


一時期、毎日のように、相談というか愚痴を聞いていたことがあります。

最初は、何度同じ愚痴を言われても、相手の気分がすっきりするまで聞いていたのですが、そのうち、いつも同じ話しなので、さすがに参ってしまった時がありました。

短くは半年、長くは1年、毎日同じ話しを聞き続けて、私まで病みそうになりました(・_・;

たまに、だったら、よかったかもしれないですけどね。

私に心を許してくれたからこそ、そこまで話してくれたところもあると思いますし、言いたいことを何でもいつでも正直に言える相手がたった1人でもいることは、大きいことでしょう。

その1人になったのならば、真摯に相手の話しを受け止めてあげたいものです。

アドバイスは禁物。

ただ話しを聞いてあげたらいい。

でも、相談と愚痴の境目て難しいな、と思いました。

それは、Luna自身にも、言えること。

気をつけないといけないなあと思います。

愚痴を吐いてくる人には、自身の本音というよりは、相手の心に共感することの大切さを鑑みて、「そうだよね〜私もこんなことがあって」と愚痴で返したりすることもありますが、愚痴のオンパレードは、やはり、気持ちがいいものではないです。

昨日聞いた、<和睦>の御言葉が、答えだと思いました。

良い時も悪い時も、私達は1つだ。

同じ目的に向かっている。

それぞれ考えは違うけど、御心は1つだ。

2016年に宣布され、歌にもなった御言葉です。

人には、いろいろな考えがあります。

各自が立っている位置によって、見えてくるものも異なります。

各自が、各自の立場を主張すると喧嘩になります。

国と国の戦争だって、原理は同じでしょう。

それぞれ考えは違うけれど、みんな平和を願っているし、みんなお互いに仲良くしたいと思っている。

それが人間の根本だと思います。

人間だけでは限界がある。

神様の御言葉を中心にしてこそ、1つになり、和睦が成されるということの深さを、考えさせられます。

相談と愚痴は紙一重のところもあると思いますが、愚痴のオンパレードが繰り広げられるところには、やはり、神様はいらっしゃらないでしょう。

でも、相談は、いつもしたいですね^ ^♡

https://youtu.be/Jxsa0BhoY_U

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆