やっぱり土日休みの仕事がいいわと痛感したお話し


毎日の生活に忙しく追われているうちに1週間が経ち、今日からまた新しい1週間が始まりました。

昨日も夜中まで働き、今日も仕事というLunaは、今日、主日礼拝に参加はしたものの、1には疲労困憊、2には今日の仕事に間に合うか時間が気になり、考えを集中することができませんでしたよ(>人<;)
先週の御言葉がよぎります。


<礼拝>の場合を考えると、「礼拝が始まる時間」になったということではありません。その「前の時間、前の時」があります。
その「前の時間、前の時」に合わせなければならないということです。
だから<礼拝>も始まる時間である11時に合わせようとしたらいけません。その「前の時」である「土曜日」から合わせなければなりません。
<主日礼拝>のために土曜日から準備し、用意しなければならないということです。

(2018年11月4日 摂理 鄭明析牧師の主日の御言葉 「神様の時を守りなさい」)

昨日土曜日、忙しく働きながら、こんなんでは良い主日を迎えられないだろうと感じていたのですが、今日はまさに、前の時間に合わせて準備しない代価を痛感しました(;_;)

土曜日に仕事をしていることが問題というよりは、土曜日に何をしていたとしても、考えの中に神様、聖霊様、御子主がいらっしゃるのかが問題だと思います。
例え、土曜日1日教会活動をしていたとしても、考えが他のところに行っていたならば、主日礼拝の準備に該当しないでしょう。

しかし、やはり、可能であるならば、土曜日くらいは、1日ゆっくり世の荒波からは逃れて、教会に通う仲間達と主日礼拝の準備をしっかりできたら最高だな、と思いました。。。

まあ、1年に一度くらい、いや、1ヶ月に一度くらい、土日が仕事の時があるくらいはいいと思いますが、1ヶ月に一度でも土日休みがあったらいい方なLunaには死活問題ですヽ(;▽;)

一体いつCAを辞めようか、早く辞めたいな、とまたまた感じたのでしたσ(^_^;)

今から、仕事です。

CAをしながら信仰を守って、更には様々に活動するとか、並大抵ではできないと、気をとりなおし、自画自賛もして(笑)行ってきます。

フライト中、

「今あなたは何を考えているのか?」

と聞かれた時に

「主です!」

と答えられるフライトになりますように★

考えが神だ
(2018年11月11日 摂理・鄭明析牧師の主日の御言葉)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/8795
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆