今はPRの時代


今週の主日の御言葉は

「神様、聖霊様が存在なさることを証する」

でしたが、とあるメンバーから

「今日の御言葉を聞いて、Lunaさんのブログを真っ先に思い出しました!」

という応援メッセージをいただきました。
ありがとうございます。

そうなれるように頑張らねば、という状況で、この摂理ブログが、読者にとって
神様や聖霊様、摂理、宗教、そして鄭明析先生などについて理解する上で助けになるのか、
ちょっと考えなおした方がいい部分があると正直感じておりますが(^^;)
(摂理のメンバーしか、理解できない話しの流れが多めな気がしまして・・・汗)

いずれにせよ、今は言葉の時代、PRの時代だな、というのを感じております。

それは、摂理に限らず、どんな組織も同様でしょう。
企業も、どのようにPRするか研究し、PRを頑張らなければ、潰れる時代。
就職・転職活動においても、自己PRがうまくできなければ、採用されないですし、良い人材にはなれません。
一昔前は、ひとまず有名大学に入学したら大手企業に入社できる。
ひとまず大手企業に入社したら終身雇用で安定・安心、
といった風潮があったかもしれないですが、今の時代は、その考え方は、だいぶ時代遅れですよね。
企業名や大学名など、肩書で勝負はできない。
どこの組織に所属していたとしても、より「個」のPR力が求められる時代になったと感じています。

摂理においても、私達、摂理教会に自ら好きで喜んで通う人達一人一人が、その魅力をどのように伝えるかが
とても重要だと思うのですが、うまく伝えることができていないから、社会から誤解される部分も少なくないと、
もともと、7年前に、摂理ブログを書き始めようと思った原点についても考えさせらた主日の御言葉でした。

神様が毎日「天地万物」を通して行われることを見て証しなさい。
聖霊様を見たとおりに証しなさい。聖霊は「感動」の霊でいらっしゃる。
<感動>が来たら、聖霊がそばにいらっしゃるのだ。
(2019年4月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

さらりと伝えられた御言葉ですが、考えさせられます。

神様はまだしも、ましてや聖霊様だなんてなんぞやという話しで、
神様も聖霊様も信じることができない人達も、日本にはたくさんいることでしょう。
特に、日本では、宗教を信じることに、ネガティブなイメージも多いと思います。

最終的に、信じるか信じないかは、その人の自由意志。
強制するものではないです。
でも、多くの人達に、神様について考えさせる機会を、
少なくともLunaは、もっといい形で提供していく必要があるのかなと。
そのことが、日本や世界の行き詰った問題を考える上で、助けになることもあると思うのです。

摂理ブログで、どこまで証できるか。
Lunaの挑戦が今日からまた新しく始まる。
そんな感じがしています^^

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/8964
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆