職場と教会と同じことをしている面白さ


以前、親友のSolがこんな記事を書いていて、あー本当にそのとおりだな、と思いました。

世の中の仕事と教会の仕事はリンクする

Lunaは、去年は、会社で、いつも争っている2人の間に挟まれて、仲を取り持つ役割をしていましたが、まさに教会でもそうでした。

(Lunaの力不足で、仲良くなれなかったかもですが。汗)

今年は、また状況が変わり、とにかく会社でも教会でも、いつも教えてばっかりいます。

会社でなら新人に業務をだし、教会でなら新しく来た人達に御言葉を。

このように、組織は違えど同じことをやっているのは、神様が存在なさることも現しているのではと思います。

なぜなら、人間の力で合わせることはできないですからね。

Lunaが好き好んで、自ら、教える役割をしたい!と言って、やってるなら別かもですが、そんな願い、誰にも伝えたことがないのです。

たとえ、伝えたとしても、状況が許さない限りは、願いがすぐに叶うはずありません。

少なくとも、会社には毎年新人が入ってきても、会社に任されなければLunaが教える立場にはならないし、教会については、御言葉を聞きたい人がいないならば、伝えたくても、伝える相手がいないですからねσ(^_^;)

(伝えたくても、伝える相手がいなかった長い冬も経験済み)

2019年は、肉的にも霊的にも、「教える」ことを通して、神様が成長させようとしていることを実感中です。

頑張ろう♬

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/8968
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆