天からの応援メッセージー夢で見たファーストクラスに乗られる主


ちょっと最近、体調を崩したり、仕事で小さなミスを繰り返したりで凹んでいて、CA×摂理の様々な仕事 の両立に苦慮し、限界にまたぶち当たっていたのですがσ(^_^;) あるキャンパス(大学生)からこんなメッセージをいただいて、元気をもらいました!!

「Lunaさん、お疲れさまです。

今日私がLunaさんの乗務してる飛行機に乗っていた夢を見たのですが

Lunaさんがファーストクラスの席に座ってらっしゃる主にCAとして仕えてました。

Lunaさんの行動1つ1つが、主を笑顔になさってました。

主のスマイルがとてもキラキラで、夢の中の私も圧倒されてました。」

教会に行けない日々の多いCAという仕事。

願わくば、教会に行ける仕事をしたかったし、転職したい気持ち山々な毎日ですが、御心あってCAになったし、今も続けている現状です。

辞めたくても、神様の許諾がおりなくて、辞められないんです。涙

そのことに、時に限界を感じるわけですが、事情があって教会に行けなくても、心の中心がどこにあるか、神様がいつもご覧になっていらっしゃることを、再認識させてくださったキャンパスの素敵な夢でした。

教会に行けなくても、いつも、機内が教会。

CAであるLunaは教会の指導者だと思って働き、お客様は主ご自身、もしくは、教会の信徒達だと思って、最高の愛で接しよう。

そのような気持ちでフライトをするよう努めてきましたが、天がその全てを受け取ってくださっていて、元気のないLunaを応援してくださっているのを、ものすごく実感しました。

もがきが多いからこそ、祝福が必ず約束されているはず。

今日も主と共にハッピーフライト、頑張ります(*^^*)

<約束したもの>を得るためには「神様の御言葉」を守らなければならない。

しかしその御言葉を守るためには、もがきが必要なので、簡単ではない。

(2019年5月24日 摂理の鄭明析牧師の御言葉)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/8982
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆