今の時代に求められているものー愛と平和の実践者


先日、会社で、先輩といろいろ話していた時に、先輩が

「それが今の時代に求められているものよね」

とおっしゃっていて、ハッとさせられたことかあります。

それとは、摂理の御言葉で言うならば、<愛と平和>でした。

CAに限らず、昔はどの職場でも、弱肉強食の世界、スパルタが美とされ、褒めると育たない、叱って育てよう、といった風潮があったと思われます。

Lunaも、割と、叱られて育った方。

でも、今では、その考え方は、時代遅れ。

人間関係がギクシャクしているところを見たら、見て見ぬふりをしたり、強者の肩を持つのでなく、愛と平和の心で、両者の仲を取り持ち、

できない後輩や、遅れている人がいたら、叱るのではなく、愛と平和の心で、快く助けてあげる。

当たり前のことですが、そんな当たり前をみんなが実践するのが、なかなか難しいのが、世の中ですし、そんな当たり前が、当たり前だとされてこなかったのが、これまでのの社会だったのでは?と感じます。

でも、時代は、確実に、変わりつつある。

摂理の御言葉を聞いていても、聞いていなくても、時代が、そして人々が<愛と平和>を切に求めて変わってきているのを、職場でも目の当たりにして嬉しかったです。

摂理の哲学は実践です。

実践すべきことはたくさんあるけれど、今、Lunaは一番には、愛と平和の実践者になりたいという思いが強いです。

<愛をもっとよくやること>だ。<愛>が壊れたら、生きる味もなく、価値もなく、困苦に陥る。

(2019年5月4日 摂理の鄭明析牧師の御言葉)

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆