御子の息遣い


またまたご無沙汰してしまいましたσ(^_^;)

気づけば、師走。

12月に入り、今年もまもなく終わりますね。

なんて、はやい!!

今年は、2014年にブログを始めて以降、最もブログから遠ざかってしまった1年になってしまい、反省ですが、このままブログの世界から完全にフェードアウトするかと自分でも思いきや、ブログを辞めることがないよう、いや、むしろ、これからも頑張りなさい、と言わんばかりの出来事が様々な形で訪れるから、御心て計り知れないものだなと思います。

ちょっとはやいですが、来年の抱負は、ブログを無理ない範囲で、もう少し頑張ること☆

ブログ停滞中のLunaが、ブログを書かなきゃ!と思い立つようになった経緯があるので、1つ紹介します♫

ある日、成田空港へ向かうスカイライナーのチケットカウンターで、いただいたクッキーです!

だいぶ前、10月にいただいたものなのですが笑

10月1日に、利用者が3500万人に達成したそうで、その記念のクッキーをいただきました!

35という数字は、Lunaには特別な数字。

「さんじゅうご」ではなく、「御子(みこ)」と読みます。笑

神様の一人子の立場である、御子との様々な経緯を思い出しました。

中でも、愛の経緯が深いのですが、ブログを通して、御子主との愛、神様、聖霊様との愛の経緯をたくさん深めたことを思い出しました。

最近、愛が冷めていた気がする。

初めの愛を取り戻さなければ。

三位と主は変わらず、私のことを愛しているのに。

ブログを始めたきっかけは、摂理の真実を多くの人達に伝えたい!という思いが一番強く、「このブログによって、摂理のことを誤解して摂理から出ていく人達を繋ぎとめられれば」「なんらかの事情で摂理を一度辞めた人達で、また摂理に戻ってきたいと求めている人達が、再び戻ってくる上で助けになれば!」という願いも込めて書いていましたが、ブログによって、一番、命をつなぎとめたのは、他でもならないLuna自身かもしれません。

三位のため、主のため、人のため、にやると言いますが、一番は、自分のためにやっていたところが大きかったかもしれません。

誰のために鐘を鳴らすのか。

自分が自分のために鐘を鳴らさないといけない。

自分の位置は、自分が行なわないといけない。

(2019年12月4日 摂理の御言葉)

最近、心に響いて、大切にしている御言葉です。

誰かのために、義務感で書くものではないのに、いつのまにか、ブログを書くことが義務になっていたのかもしれません。

もちろん、私の書く記事が、天のため、人のためになったら嬉しいけれど、自分が好きで、自分がやりたくて、自分のために書く。

そこを忘れてはいけないと、ハッとさせられました。

ブログいう位置で、愛を育ててくださった三位と主に感謝し、その経緯を忘れないようにします。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆