2020年の抱負


航空業界に年末年始がないのはつきものですが、2020年は、元旦の初フライトから重たいフライトで(-_-;)いつになく年末年始もゆっくりできないまま、いつのまにか2020年が明けて1週間以上が経っていて、驚きを隠せないLunaです。笑

でも、2020年の初フライトは、結果、とても実りあるいいフライトになりました^ ^

自分の間違っていた方向が様々に正され、気を引き締めるフライトとなったように思います。

これと同じく、教会のことも、様々なことも、自身の生活の方向を改める必要性を感じました。


木を植える時に重要なことは、どういう方向で植えるのかだ。同じ木だとしても、方向を間違えたら見るたびに残念で見どころがない。木にも一番いい方向がある。その方向通りに植えてこそ、その木が一番美しい。

信仰生活もどの方向に向かって行うかが重要だ。一番正確な方向は、主を見る方向だ。主の精神と思考とつながらなければ、信仰するたびに見たくない。

主が見る方向に合わせるためには、主の御言葉を聞かなければならない。

主の教育を受けてこそ、神になって飛べる。

(2020年1月1日 新年礼拝の御言葉

「私と一緒にやろう。御言葉をもらった人は神になる。)

2020年の抱負は、CAの仕事、教会、家庭、その他プライベートにおいても、たくさんあるのですが、何をするにも2019年から切実に感じていたことは、

・もっと祈らなければならない

・もっと聖書を読まなければならない

この2つが2019年の一年間、何度も頭をよぎりました(>_<)

何度も頭をよぎる段階で終了していたことは反省ですがε-(´∀`; )もっと祈って、もっと聖書を読んで、神霊にならなければ、これ以上次元を上げられないことを痛感していました。

感謝なことに、2020年の天の流れも、まさに、神になること!!

神になることとは、神様と考えと心が同じになること。

そのためには、今年はたくさん祈らなければならないし、聖書をたくさん読まなければならない、という御言葉を新年早々聞いて、自身が必要性を感じていた部分なだけに、心にしっかり止めました。

もちろん、今まで全く祈らなかったとか、聖書を読まなかったというわけではないのですが、2020年を振り返った時に、

今年は、本当〜〜〜にたくさん祈った!

聖書をこんなにたくさん読んだことはない!!

と言えるような2020年にしたいなというのが切なるLunaの気持ちです。

他のことは、後からついてくるでしょう。

ここ2年ほど、あまりブログに力を入れませんでしたが、今年は、無理ない範囲でブログを再び頑張ることで、自身のブログによって、Lunaの神霊な信仰生活の管理もしていきたいと思います、、、笑

また、しばし実家に帰省した時には

すべきことを、その時にすぐしなさい!

という聖霊様のコーチを母からもらいました。笑

あることでLunaがもたもたしていたら、こっぴどく叱られましてσ(^_^;)

摂理の哲学は、言葉より実践だ。

主に学び、神様に学び、すぐに実践し、神になって飛び回る有言実行な1年にしたいです★

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆