摂理の人格


「良いことは聞いたとおりに、倍も声を高くして伝えなければならないが、悪いことは10倍も小さくして一人でつぶやいて終わりにしなさい。」
(摂理・鄭明析牧師『天のことば 私のことば 第一巻』938番)

1990年、鄭明析先生がおっしゃった言葉です。
自分自身の人格について反省すると共に、どれほど辛いことがあっても、いつも心穏やかな先生について考えさせられます。
摂理は、御言葉によって、人格を磨くところとも言えます。
その人の言葉と行動を見れば、その人の人格が分かるでしょう。
「分からずに生きたことほど無念なことはない。分かって生きなさい。」
(2014年2月13日 摂理・鄭明析先生の御言葉)

分かって生きて、人格磨き、頑張ります!
Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆